黒木いくみ


ザ・VIP伝説 第2章 反バトル連盟ハンター範田紗々様
VIP待遇でBATTLEプロレスに迎えられ、弱そうな新人との試合を組まれ、勝利をお膳立てされているにも関わらず連敗中の範田紗々。にもかかわらず、恒例の記者会見を開き「反バトル連盟ハンター」を勝手に名乗り、反バトル連盟の選手を倒しバトルのピンチを救うのだと息巻いている。そこに現れたのは黒木いくみだった。かつてバトルに所属していたが、試合では相手の攻撃を受けて喜んでいるドMなのではないか?と噂された選手だ。ここにBATTLEプロレス最弱を決める試合が行われることになった。
範田紗々プロレス試合
お互いに連敗中の範田紗々と黒木いくみが激突する。

色鮮やかなリング衣装が女性の色香を引き立てる。

負けたら土下座マッチ、果たして最弱と呼ばれるのはどちらだ!?

●作品名:範田紗々 ザ・VIP伝説 第2章 反バトル連盟ハンター紗々様
●範田紗々:158cm B90 W59 H82
●黒木いくみ:162cm B84 W60 H88
●メーカー:バトル
●収録時間:73分

評価
範田紗々と黒木いくみ選手の女子プロレス試合は、二人の激しい舌戦の結果「負けたら土下座マッチ」になった。プライドを賭けた女性たちの感情が激しくぶつかり合う。
そして試合では、連敗中の者同士が初勝利を目指して必死に頑張ってはいるが、手の技をくらっては我慢する事が出来ずに情けない悲鳴を上げている。
しかし負けたら土下座という屈辱、さらに負けたらバトルと反バトル連盟すべての選手の中で最弱の肩書が与えられてしまうだろう。
範田紗々が得意とするバックブリーカーを受けて悲鳴とも喘ぎ声ともつかない声をあげるドMの黒木いくみ。逆に攻撃に移ると、範田紗々に対して顔面騎乗したり、恥ずかしい開脚プレイをさせる意地の悪さ。
これは格闘技というより、感情を優先したキャットファイトそのものだ。果たして、この勝負で敗北して「最弱」の名をほしいままにするのは、どちらの選手か!?
 

 

黒木いくみ

裏スターレスラー誕生
裏スターレスラー誕生!1
プロレス試合の前後で行われていたレズファイトの模様を収録した作品。あの「スターレスラー誕生!3」で対戦した女子プロレスラーひなた朱莉と黒木いくみが、何と二人でレズファイトをやっているのだ。これは非公式な闘いだが、ファンならば絶対に見逃せない。ここでの因縁が試合に影響し、決着後のレズ的イジメに繋がっていく。敗北者には屈辱を与えるペニバンお仕置きが待っていた。同性にヤラれる屈辱は計り知れないものがあるだろう。今明かされる禁断の世界へようこそ!
黒木いくみプロレス画像
ひなた朱莉と黒木いくみが、控室でレズファイトを繰り広げる。

女子プロレスラーたちの腹黒い嫉妬や裏舞台で行われるイジメ。

相手を屈服させる為ペニバン使用等、鬼畜の攻めを行う。

● 作品名:裏スターレスラー誕生!1
● 黒木いくみ(あさひ奈々):162cm B85 W60 H88
● ひなた朱莉:172cm B84 W60 H90
● メーカー:バトル
● 収録時間:60分

評価
恵まれた長身、そしてアイドル的な顔立ちで熱烈なファンの支持を得る女子レスラーひなた朱莉。まさしくバトルの将来を担うエース候補生だ。そんな彼女の事を同期のプロレスラー黒木いくみは疎んでいた。
ただルックスに恵まれただけで、まだ実績もないのに団体から別格扱いされており、彼女のやること成すことが気に入らない。同期生として実力では絶対に負けてないという自負がある。彼女の嫉妬心は次第に大きくなっていった。
そんなある日、控え室で遭遇したひなた朱莉と黒木いくみ。口論から喧嘩となり、相手に恥辱を与えようとしてレズファイトへと発展していく。
そこで一度は決着が着く。しかし後日、今度は正式なプロレス試合で二人は対戦することとなる。そして試合結果は、ひなた朱莉が見事な勝利を飾った。するとあの時の控え室での屈辱を晴らす為、彼女のペニバンによる報復行為が始まったのであった。
 

 

黒木いくみ


ベビーフェイスVSヒール エキサイティング・ランブル Vol.4
新人レスラー黒木いくみは若手の有望株。お色気たっぷりで男好きするタイプだろう。そして今回の試合で対戦するのは大ベテランの八咲唯。その圧倒的なパワーと破壊力を武器に情け容赦のない攻撃を仕掛けてくる。さらに凶器や反則攻撃を使って対戦相手をいたぶるダーティーな悪党である。この対戦は実力的にはヒールレスラー八咲唯が断然有利だろう。しかも試合をジャッジするレフェリーは、あのインチキくさい阿部二郎である。過去にも人気のベビーフェイスをヒドイ目に遭わせてきた張本人である。黒木いくみが狙われるのも当然だろう。果たして試合の行方はどうなる?
黒木いくみ画像
ベビーフェイス黒木いくみVS凶悪ヒール八咲唯のプロレス試合。

全く歯が立たずにやられてしまう黒木いくみ。

水着を剥ぎ取られてしまう大ピンチ!

● 作品名:ベビーフェイスVSヒール エキサイティング・ランブル Vol.4
● 黒木いくみ(あさひ奈々):162cm B85 W60 H88
● 八咲唯:156cm B97 W64 H89
● メーカー:バトル
● 収録時間:63分

評価
新人ベビーフェイス黒木いくみと凶悪ヒール八咲唯の激しいクラッシュバウト。ファンの人気に支えられる黒木いくみが、強豪相手にどう立ち向かうのか?
しかし試合が始まると、やはり二人の実力差・パワーの差は顕著に現れてしまう。ベテランの八咲唯が試合を優位に進め、一方的に新人の黒木いくみをボコり続ける。
完全にドミネーションの様相を見せる試合展開。これではヒールの肩を持つ阿部二郎レフィリーも出番がなさそうだ。
そのまま勢いに乗る八咲唯は、ヒールの本性を現し始め、リング下に隠し持っていた凶器で黒木いくみを痛めつけていく。さらに何と彼女のリング衣装を剥ぎ取り始めた。新人プロレスラー黒木いくみ絶体絶命の大ピンチ!柔らかなおっぱいが丸見えです。
その様子を静かに見守る阿部レフェリー。果たして何を企んでいるのか?とにかく人気のアイドルレスラーが餌食にされ、丸裸にされるだなんて興奮が止まりません。