セーラー服姿の女子高生のような女子レスラーと勝負して、勝ったら女を犯すことが出来るルールって最高じゃん!

2021-08-18

煩悩寺 Wセックスリング7
自信過剰な女子レスラーたちをねじ伏せてきた煩悩寺プロレス。そこへ乗り込んできたのは何と制服姿の女子校生?それは新鋭の浅倉あすかだった。例によって、いつも強気な手下男がその挑戦を受けるのだがあっけなく倒されてしまう。だがそれだけで終わらず、何と男をエロ技で犯してしまう。可愛らしいセーラー服の女性に犯されるだなんてまるで想定外。煩悩寺レスラーを痛めつけ、玩具にしてしまう危ない痴女レスラーが現われた!

煩悩寺Wセックスリング7
セーラー服を脱いでスクール水着姿でリングに上がる浅倉あすか。
浅倉あすかプロレス画像
見た目も小柄でまるで女子高生。とても強そうには見えないぞ。

背徳感たっぷりなエロプロレス試合をお楽しみください。

● 作品名:煩悩寺 Wセックスリング7
● 女優名:浅倉あすか
● 身長:145cm B78 W53 H80
● メーカー:煩悩寺
● 収録時間:45分

評価
煩悩寺のルールに従えば、敗者は制裁を受けるのが当然だ。浅倉あすかが行ったエロ行為は当然とも受け取れる。そこへ煩悩寺代表の蔭山が現われた。いつも負けてばかりの手下男にウンザリしながらも闘いの準備に入る。そしてセーラー服だった浅倉あすかも制服を脱ぎ捨てて戦いの準備に入る。下に着込んでいたのは紺色のスクール水着である。
そして始まった頂上決戦。蔭山に対しても鋭いローキックから試合のペースを掴み、必殺技のスティッキー・フィンガーズをお見舞いする。しかし浅倉あすかは見た目も衣装も、女子高生というよりはむしろ子供。その軽い身体はあっさりとひっくり返され、逆にマウントを取られてしまう。そのまま抵抗もままならず敗北してしまった。
その後は煩悩寺エロプロレスショーの始まりだ。スクール水着の姿をした小柄な少女を犯す背徳感にとても興奮したという。浅倉あすかは一度のリングで男を犯して男に犯され、攻めと受けをダブルで経験する事となった。