BWPプロレス Vol.62 皆月ひかるVS桃愛ゆえ

2022-06-11

新人レスラー桃愛ゆえは、BWPプロレス団体で名を上げる為、すでにトップクラスで活躍を続ける皆月ひかるに挑戦状を叩きつけた。この闘いを経て桃愛ゆえは大きく成長できるのだろうか、確かに自分をアピールする機会である。このプロレス試合は緊迫感ある魂の1本勝負で行われる。しかし敗北を認めたくない両者のバトルは、果てしなく続いていく。抜群のルックス二人による名勝負は必見です。

BWP Vol.62 実力派美少女対決 → ABVプロレス動画配信はこちらから >>

 
BWP Vol.62 実力派美少女対決
青いコスチュームは皆月ひかる。赤い方が桃愛ゆえ。
皆月ひかる 女子プロレス画像
整った顔立ちの両者の対決にはファンの注目が集まります。

相手を叩きつぶす為に全力で立ち向かう。

先輩レスラーが貫禄をみせるか? それとも後輩が金星をあげるか!?
桃愛ゆえ(のあういか)のプロレス試合

● 作品名:BWP Vol.62 実力派美少女対決
● 皆月ひかる:148cm B83 W55 H85
● 桃愛ゆえ(のあういか):163cm B83 W60 H88
● メーカー:バトル
● 収録時間:61分

評価
先日「のあういか」から改名を発表した女子プロレスラー桃愛ゆえ。全部平仮名の名前はインパクトが強そうだったが、実は覚えにくいと不評だった。折角の美女が、このまま消えていくのはあまりにも惜しい。そこで名義の変えての再出発である。
今回対戦することになったのは皆月ひかる。BWP団体のアイドルレスラーを叩きのめせば一躍有名人となれる。二人の対格差もあり、桃愛ゆえの方が断然有利に見える。皆月ひかるは下剋上の恰好のターゲットにされたのであった。
しかし実践を重ねた皆月ひかるは強かった。随所に大技を織り交ぜて体格差を感じさせない闘いを見せる。得意のキャメルクラッチで相手を苦しめていく。しかし新人レスラー桃愛ゆえも素直に引き下がる訳にはいかない。煌めく未来のトップスターの座を目指して必死に立ち向かう。女の意地と意地がぶつかり合う女子プロレス試合です。